読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然大好きさんからのメッセージ(posamunn’s diary)

環境活動をしています。とても大切なことなので学んだことを世界中の皆さまに発信していきたいと思います。

第8回京都地球環境の殿堂表彰式と国際シンポジウムに参加したリポート

2017年2月11日、第8回京都地球環境の殿堂表彰式に行ってきました。
今回の殿堂入り者は3人でした。

ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ氏は、前ウルグアイ大統領で、地球環境保全に関する世界的な普及啓発に貢献されました。表彰式には不参加でしたがビデオメッセージで「私たちが捨てているのはゴミだけではない」と話されていたのが印象でした。

オギュスタン・ベルク氏は、人間が自然の中に刻み込まれ両者の関係が風土そのものであるという風土学を構築して、環境と共生する思想の普及に貢献されました。

中村哲氏は、医者としてアフガニスタンに行ったあと水利事業に着手し、地球環境保全に貢献されました。

中村氏の記念講演で印象に残った内容です。

アフガニスタンでは、2000年の大干ばつの被害を受けました。そこで子どもが腸感染で亡くなりますが、それは飢餓のために体力がなくてちょっとした下痢でコロリと亡くなってしまうと話されました。きれいな水がない、水そのものがないから畑ができない、食べ物がないから飢餓でなくなる、という様子でした。そこで診療所より水が大切であると気づき、水路を作る計画をたてました。けれども建設会社はないし、システムもありません。そこで現地の人々といっしょに作業をしました。内乱状態のところでほとんどの人々は難民でした。資金もありませんからそこら辺の石を積んで堰をつくりました。そして水路が完成したとき「これで生きていける」と大喜びしたそうです。
話の中で「自然を無視して平和はない、この気持ちは共通だと思う」と言われたことが印象的でした。

国際シンポジウムでは、「人間は絵を描くように自然に線引きをしているが、ゴリラは線引きをしていない、全体の一つという見方をしている」という話が印象でした。

毎年このシンポジウムで感じることですが、我々人間は、すでに自然と一体である、人間も自然の一部である、地球のすべてのものが(生き物も、鉱物も)つながりあってこの素晴らしい地球があるのだとみんなわかっていると、つくづく思うのです。
そして、うれしい気持ちになります。
参加できてよかったです。

自然栽培をしよう

野菜の栽培方法は3っつあります。
①化学肥料、農薬、除草剤を使う一般栽培(慣行栽培)。

②牛、ブタ、鶏などの堆肥を主に使う動物性有機肥料、アシなどの植物、米ぬか、ナタネの油かすなどの植物性有機肥料を施す有機栽培(オーガニック)。国が認めた農薬は使ってもよい。

③肥料、農薬、除草剤を一切使わない自然栽培。化学肥料、有機肥料も一切使わない。

 

また、農業革命も3っつあります。

A化学肥料、農薬、除草剤が研究開発されたこと。

B遺伝子組み換え作物ができたこと。

C自然栽培、肥料や農薬を一切使わずに永続栽培が可能で、地球環境と食の安全が期待できること。


私が勧めるのは③の自然栽培です。


一般栽培のおかげで大量生産が可能となり、飽食の時代をむかえることができました。一方で、農薬や除草剤の使用で環境はどんどん破壊されていきました。


自然環境に良くないことは知っていましたが、決められた基準があるからさほど環境被害はない、と勝手に思っていました。

しかし、Bの遺伝子組み換え作物は命のもとの遺伝子を操作するために、根本的におかしいと思いました。

そこで、いろいろ調べてみました。

遺伝子組み換え作物は本来の野菜とは全く異なるものであり、自然の野菜と交配した場合に化け物のような野菜が育つこと(ベトナム戦争の枯れ葉散布剤で多くの奇形児が産まれました)。それが調和のとれた自然界のバランスを壊していること。

 

化学肥料は作物が吸収するのは1~1.5割で、2~3割は土が吸収し、残りの5.5~7割は気化して大気中に放出されて温暖化の原因になっていること。その温室効果二酸化炭素の310倍であり、温暖化の大きな原因であること。

 

2009年アメリカ海洋大気庁(NOAA)の発表でも、「地球温暖化の新たな原因は農薬や化学肥料、家畜の排せつ物などに含まれる亜硝酸窒素ガスであり、これらを使わない栽培方法研究開発することが急務である」と言われています。

 

家畜の排せつ物に含まれる〝硝酸態窒素〟は食べると体内で〝亜硝酸窒素〟となり、ブルーベビー症候群といった死に至るほどの危険物質であり、有機栽培で問題になっているものです。

一般栽培や、遺伝子組み換えと違って、オーガニックは地球に良い、と思っていましたがそれは間違いでした。


いま、求められているのは「自然栽培」です。

この「自然栽培」、なんと日本だけが行っているんです。

 

いや、自然栽培でず~~と生活しているところも映像でみたことがあるので、〝先進国では日本だけ〟でしょうか。

 

野菜といっても、もともと、自然に生えているものを食していたのだから、本来の姿にもどろう、ということです。

 

動物も植物も、すべてが調和した世界、自然のままのバランスのとれた世界。

土がかなり汚染されているため、時間はかかると思いますが、本来の地球の姿にもどりたい、もどしたい、と思いました。

 

 

京都環境フェスティバルでネイチャーゲームのブースの手伝いをしました。

2016年12月10~11日と京都環境フェスティバルが開催されました。
毎年、ここでは省エネアドバイザーをさせてもらっていますが、
今年はネイチャーゲームの手伝いになりました。
ブースに来てくれるかたに、簡単なネイチャーゲームを体験してもらいます。
「石の鑑定団」「葉っぱの小窓」、の2つと、「葉っぱの妖精」というのをしました。

石の鑑定団は、用意した小石を分類分けします。それぞれの石に合った分類です。
まるでアサリみたいに見える石はアサリに分類、富士山みたいな石は富士山、抜けた歯みたいなものは抜けた歯。
正解はありません、それぞれが思ったように分類したら、それが正解です。
前もって用意した分類テーマもありますが、来場者にテーマを考えてもらうこともします。
人によって、色々な見方があって、とても楽しかったです。

葉っぱの妖精は、拾ってきた落ち葉に、目玉シールを貼ってもらいます。すると、まるで葉っぱが生きているかのようなります。
それに名前をつけたり、なにか話しているセリフを考えたりします。

私は正面の顔しか思い浮かびませんでしたが、横向きの顔とか、魚とか、いろんな発想があっておもしろかったです。

そして、「ネイチャーゲームってなんですか」と聞かれました。
「地球上のすべてのものが、みんなかけがえのない大切なものだと知ることができるゲームです」と答えました。
これぞ、一番伝えたかったことです。さらに「ネイチャーゲームはただの自然体験ではありません。みんな地球の同じ命なんだ、と体験感できるゲームなんです。」と話しました。
すると、「その気持ちが環境問題解決の基本になるんですね」と答えてくれました。
嬉しくて思わず「そうです!」と答えました。
その方はネイチャーゲームリーダーの資格をまだ持っていなかったので、リーダー養成講座の受講を勧めさせてもらいました。

私は11日の午後からだけの手伝いでしたが、とても充実した時間でした。
沢山のひとにネイチャーゲームを知ってもらいたいと思いました。

 

 

 

 

ネイチャーゲーム普及30周年記念事業「会員のつどい」に参加しました

2016年9月30日、10月1日、2日とネイチャーゲームの記念行事に参加しました。

ネイチャーゲームを始められたジョセフ・コーネル氏が来日され、一緒に3日間過ごすことができました。

いくつものエクササイズを体験しましたが、印象に残ったものを紹介します。

それは、来日する途中でコーネル氏が考えて、まだ未発表のエクササイズでした。
そこで私を含む15名が自然のものを表現することになりました。15名が自然の展示物になって美術館をつくります。他の参加者はその展示物を見て、私たちが何を表現しているのかを答えます。
その展示物になった私たちに、コーネル氏は「参加者にわからなくてもいいです、そのものになりきってください。自分が楽しむことが大事です」と話しました。
展示時間は10分くらいだったと思います。ちょうど稲刈りの時期で稲穂がきれいでしたから、私は「稲穂」になりました。
ほんとうに、稲穂になりました。
展示時間が終わり、参加者が色々答えを言う中、「稲穂」と言い当てた方がいました。うれしかったです。

このエクササイズが終わったあとに田んぼで頭を垂れた稲穂を見たとき「あ、稲穂だ!」と込み上げてくる感動がありました。
わたし、あなた方を知ってる、しってるよ、同じ命だよ。この地球のおんなじ命を生きてるんだよね!

ちっちゃな米粒から、ここまで成長したんだよね~。
走って行って抱きあいたい気持ちになりました。

ネイチャーゲームって、本当にすばらしいゲームです。
全てのいのちが、かけがえのないものだと知るゲームなんですが、本当にそんな気持ちになります。

参加できてよかたです。

 

第3回京都地球環境の殿堂表彰式に参加したときのリポート

第3回京都地球環境の殿堂表彰式に参加してきました~♪

場所は国立京都国際会館京都議定書が採択された会議場です。

殿堂に入られるのは、地球環境に貢献された方たちです。

今回表彰されたのは、クラウス・テプファー氏、レスター・R・ブラウン氏、の二人でした。

表彰式のあと、二人から記念講演がありました。続いて、「東北からの報告」国際シンポジウムがありました。

 

それぞれ、素晴らしい話でした。今地球で起こっている異常気象は、地球と人間が切り離して生活できない、地球(自然)と一緒になって生活をすることが大事なんだと教えている、とか、産業革命で石炭の使用が増えたときに、「石炭は限りある資源だから、大切に使わなければならない」と、最初から言っていた、とか、話をされました。

「東北からの報告」は、岩手県大地槌町の佐々木健氏、東北の被害に遭ったところをみてまわっている、赤坂憲雄氏、の二人からの震災の報告でした。津波で壊滅したところは、一様に、昔「海」だったところであったこと、そこを田んぼにし、近くに家をたてて住んで住宅地にしたけれども、結局はもとのある姿に戻ってしまったんだ。泥の海を見たお年寄りが「あ~あ、また海にもどってしまった」とつぶやいたそうです。

自然と話をし、自然の声をきいて、自然とともに生活をしていくことが、これから重要になる、また、そうなっていく、ならざるを得ない。

そんなしめくくりでした。

また、時々、こういうシンポジウムをすることによって、人間は確認も、やる気もでてくるので、「地球環境の殿堂」を考えてくれて、ありがとう、とお礼を述べられました。

世界的に活躍されている方の話は、とても勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

2010年、第1回京都地球環境の殿堂表彰式に参加した時のリポート

温暖化防止活動推進員の研修として、参加しました。 (殿堂表彰式の詳しい説明は、省きます) 殿堂入り3人の方のスピーチの中で、ワンガリ・マータイ氏の言葉が印象的でした。「宗教家こそ、声をあげなければなりません。神の創ったこの地球、生き物。大切な命。宗教家が声をあげたら、活動はもっと活発になるでしょう。」   雅宣先生と同じ事を言われました。また、特に、森林の破壊というものに目を向けなければならないことと、「もったいない」を広めてくれて、ありがとう、と話されました。   5年前(たぶん)マータイ氏が大絶賛した「もったいない」が、すっかり定着しましたね。 私は5年前、この宝ヶ池の国際会館で、マータイ氏の講演を聞きました。 その時も、「もったいない」の話をしてました。 午後の国際シンポジウムです。(秋篠宮ご夫妻同席) 基調講演の後のパネルテ‘ィスカッションで、「二酸化炭素の排出量削減で、いろんな事が上手く回らないのは、つまりは、信頼と協力が欠けているのではないか」と指摘がありました。  私達推進員も、日頃から、市や国の温暖化対策の消極的な姿勢にがっかりする事が多いのですが、だからと言って、どうすることもできません。ボトムUPをはかるべく、一生懸命推進活動をするのみ、でした。  だから、こう言う場で、「一国の利益を言ってる場合ではない!」「利益が、増えるとか、減るとか、そういう事をいうのは、信頼が欠けているからだ」  と、声を大にして発言する人が現れたことが、ものすごく嬉しく思いました。  ようやく、世界も動き出した感じがしました。 最後にパネリストの一人の言葉 「地球を大切にしなさい それは親からもらったのではなく、 子供から預かっているものである。」